法人カードで経費の仕訳や会計業務を簡素化

法人向けクレジットカード、いわゆる法人カードを持つことによって得られるメリットはいくつかありますが、最も大きな恩恵を得られるのが、経費管理や利用履歴のデータ化による仕訳の効率化など経理業務にかかる無駄な労力を削減できる事といえるでしょう。

では、具体的にどのような点が経費の仕訳や会計業務の簡素化にかかる時間の削減に繋がるのでしょうか?

ここでは、法人カードが経費など会計仕訳の労力を軽減できる理由を中心に、法人カードのメリットについてご紹介していきます。

日々の経費管理や仕訳などの経理業務に悩んでいる方は、ぜひご覧になって頂き、無駄な負担を大幅カットしましょう!

法人カードで経費管理や仕訳がカンタンになる4つのポイント

法人カードで経費の仕訳が簡略化できる4つのポイント

法人カードを持つことで、経費管理や仕訳を簡素化できる理由には以下の4つのポイントがあります。

法人カードによる簡略化4つのポイント

  • 経費精算処理の効率化
  • 支払いにかかる手間と手数料の削減
  • 利用内容の明確化
  • カード利用明細データの活用

経費精算処理の効率化

キャッシュレス会計により、小口現金の精算の処理負担や出金管理の労力が減り、経費立替払い処理も不要となります。

これにより、精算額の誤り二重払い経費計上・支払い漏れなどのミスを防ぐことができ、経理業務にかかる無駄な時間と労力を削減・効率化ができます。

小口現金管理の処理

  • 従業員に精算書もしくは領収書を提出してもらう。
  • 経理担当者が金庫から現金を用意し、精算する。
  • 誰がいつ何に幾ら使ったのかを出納帳に記入する。
  • 毎月全体の小口現金残高と出納帳に違いがないかをチェックする。
クレカ顔

このような無駄な手間を一気に無くすことが可能となります。

支払いにかかる手間と手数料の削減

法人カードへ支払い先が一本化できるので、従業員や取引先への支払い毎に必要な手間と振込手数料などが大幅に軽減されます。

これにより、面倒な振込み作業がなくなり、本来の業務に時間を充てることができます。

利用内容の明確化

カードでの取引データは、利用先や利用金額、利用日時が詳細に記録・保存されるので、経費の管理負担を大幅に減らすことができます。

また従業員へも追加でカードを持たせることで、「誰がいつ何に幾ら使ったのか」が分かるので、社員による不正利用のリスクを減らすことにも繋がります。

カード利用明細データの活用

クレジットカード会社により対応は異なりますが、「楽楽精算」や「MFクラウド経費」、「freee」などの経費精算システムと連動させることで、利用したデータが自動で反映され、手入力で仕訳をする労力を大幅に削減でき、入力ミスや経費計上漏れも防ぐことができます。

使ってみれば分かりますが、面倒な経費などの仕訳作業が自動で入力されている状態を確認し、承認するだけなのですごく楽です。

これが法人カードを持つ一番のメリット言っても良いかもしれません。

クレカ顔

また、法人カードの利用明細は、インターネット経由でカンタンに照会ができ、利用明細データはPDFやExcel形式でダウンロードして保存することも可能です。

法人カードで得られるその他メリット

法人カードの導入メリット

法人カードで得られるその他メリット

  • 優待価格でのサービス利用
  • ポイントの付与やキャシュバック
  • ビジネス向けサービスが利用可能
  • ETCカードが複数枚発行できる
  • グルメ関連サービスでお得に接待

優待価格でのサービス利用

各クレジットカード会社が提供しているビジネス向けサービスには、法人カード会員限定の優待価格でサービスを利用できるものもあります。

例えば事務用品などオフィス用品の通販サイトである「ASKUL(アスクル)」や「タスカリマックス」などを通常価格よりもお得な優待価格で利用できたり、会計ソフトやサービスを優待価格で利用できます。

アスクルとタスカリマックス

そのほか、レンタカーの優待サービスや、引越し割引サービス、航空券の優待割引や国内のゴルフ場のプレー予約代行など他にも様々なサービスが利用可能です。

ポイントの付与やキャシュバック

法人カードの中には、一般のクレジットカードと同様に、利用金額に応じたポイントがたまるものや、キャッシュバックがついているカードもあります。

ちょっとしたことですが、業務上必要なカード利用でたまったポイントで、様々な商品やギフトカード、テーマパークのチケットに交換できたら嬉しいですよね。

クレカ顔

ポイントで自社用の消耗品の購入に利用しても良いでしょうし、お世話になっている取引先の方に気持ちとして何か贈答品を贈るのもいいですよね。

ビジネス向けサービスが利用可能

出張などの時に便利なのが、法人カード会員向けのサービス「航空券チケットレス発券サービス」です。

出張

インターネットから24時間365日いつでもチケットレスで予約・発券ができ、搭乗日や利用運賃などが利用明細書に記載されるので、出張管理にも非常に便利です。

さらに支払いも法人カードなので、立替精算が不要で仕訳の簡素化にも繋がります

また、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードでは経費管理や、経営・税務処理上の分析資料として役に立つ「四半期管理レポート」が利用でき、無駄な経費チェックなど経費管理の改善にも役に立つデータを取得できます。

ETCカードが複数枚発行できる

クレジットカード会社や発行するカードの種類により異なりますが、1枚の法人カードに対して、複数枚のETCカードの発行に対応しているカードもあります。

従業員や営業車ごとに複数のETCカードを発行しても、支払いは1本化できますし、利用状況を把握するのもカンタンになるので、経費仕訳の簡素化・効率化にも繋がります。

クレカ顔

頻繁にETCを利用する必要がある方には必須といえるでしょう。

グルメ関連サービスでお得に接待

各クレジットカード会社が力を入れているのがグルメ関連サービスです。

カード会社により「ビジネスグルメオファー」や「グルメ優待サービス」など呼び名が違いますが、通常価格よりも安い優待価格で高級レストランが利用できたり特定コースを予約することで、1名分が無料になったりと、一定のクオリティが確保されたお店をお得に利用することができます。

取引先の方の接待はもちろん、大切な人と利用するのもいいでしょう。

まとめ

今回は法人カードにより、経費の会計仕訳など経理業務の負担軽減につながるポイントや、その他メリットについてご紹介しました。

法人カードを持つことで、一番メリットを感じるのはやはり煩雑な経理業務を効率化できる点だと思います。

クレカ顔

聡明な経営者なら「経理担当に任せてるし」などと思わずに、無駄な手間や負担は無くしたほうが、今後の経営にもプラスになるはずですよね。

また、様々な支払いをカード会社に一本化することで、取引先や利用したサービス先毎の支払いにかかる手間や手数料が大幅に削減できるのも大きなポイントです。

さらにカードの取引内容として「誰がいつ何に幾ら使ったのか」が正確に記録されているので利用内容が明確になり、経費管理の手間も削減でき、無駄の見直しにも繋がります。

そして最大の利点として、経費精算システムと連動させることで、カード利用データを自動で取り込み反映することで手入力による仕訳作業が大幅に軽減され、経費計上漏れや入力のミスなども無くすができるのが大きなポイントです。

最後にもう一度まとめておきます。

法人カードによる簡略化4つのポイント

  • 経費精算処理の効率化
  • 支払いにかかる手間と手数料の削減
  • 利用内容の明確化
  • カード利用明細データの活用

以上のように法人カードの導入は経費削減につながることはもちろん、本来の業務に割ける時間が確保できるのは大きいですよね。

法人カードといっても、法人格ではなく個人事業主や、起業して間もない方でも取得可能です。

これから起業する方や、まだ持っていない方はこの機会にぜひ法人カードを導入して、経費管理や仕訳などの経理業務をシンプルにしてみてはいかがでしょうか?