JREポイント 効率的な貯め方

  • JREポイントを効率的に貯める方法を知りたい!
  • 無料で貯める方法は?
  • 有料でもいいからたくさん貯めたい!

この記事をご覧になっている方は、上記のような疑問や不満をお持ちではないでしょうか。

これらについてまずサクッと簡単に説明すると、

▼JREポイントを効率的に貯める4つの方法

  1. 買い物時にカード提示で貯める
  2. Suica利用で貯める
  3. JRホテルメンバーズポイントを交換して貯める
  4. ビューカード利用で貯める

    JREポイントは、JR東日本の共通ポイントのことで、主にJR東日本が管理している駅ビルで使うことができます。

    JREポイントを使うにはJREポイントカードが必要ですが、JREポイントが貯めることができるお店で買い物や食事の時に「JREポイントカードをつくりたい」と伝えればOKです。

    12歳以上であればだれでも持てますし、年会費もかからないのでJR東日本を利用する人ならば持っておいて損はないカードです。

    今回は、そんなJREカードで貯めることのできるJREポイントを効率的に貯める5つの方法をご紹介します!

    JREポイントの基本情報

    運営会社 JR東日本
    現金への換金 不可
    ポイント有効期限 24ヵ月(ポイントの利用や加算があれば2年間の有効期限が続く)
    年齢制限 12歳以上
    登録時に必要なもの フリーメールアドレス
    入手方法 JR東日本の駅ビルなどで無料
    ポイントを貯める媒体 JREポイントカード
    Suica
    ビューカード

    冒頭でも触れましたが、JREポイントはJR東日本のポイントサービスのことです。

    ということは、JR東日本が提供している交通機関はもちろんのこと、駅ビルやビューカードなどの利用でポイントをザクザク貯めることができます。

    以前はsuicaポイントやビューサンクスポイントなど色々なポイントがあって分かりづらいという声もありましたが、2018年にJREポイントに統合されて分かりやすくなりました。

    それでは、このJREポイントを効率的に貯める5つの方法をご紹介していきましょう!

    スポンサーリンク

    買い物時にカード提示で貯める

    JREポイントを貯める最も基本的な方法は、次のようなJREポイント加盟店でJREポイントカードを提示して貯める方法です。
    JREポイントカード
    JREポイントカードは、上記の他にも次のように色々なバージョン、カードの色があります。
    • アトレ版
    • プレイアトレ版
    • ボックス昼版
    • グランデュオ版
    • テルミナ版
    • シャポー版
    • シャポ-・ビーンズ版
    • ラスカ版
    • ペリエ版
    • 高崎モントレー・イーサイト高崎版
    • MIDORI版
    • シャル版
    • 宇都宮パセオ版
    • nonowa版
    • エクセル水戸版
    • VAL古河番
    • エスパル版
    • ファザン盛岡版
    • あおもり旬味館版
    • 東京駅版
    • 仙台駅・tekuteながまち版
    • アズ熊谷、イーサイト籠原・上尾版
    • CoCoLo版
    これまで「アトレ」や「シャポー」、「グランデュオ」など別々のポイントカードを発行していたのですが、JREポイントで一本化されました。
    ポイントカード提示の場合は100円につき1ポイント、つまり還元率1%で貯まります。

    使える場所

    JREポイントカードが使えるお店は、次の通りです。
    アトレ アトレ恵比寿
    アトレ品川
    アトレ目黒
    アトレ大森
    アトレ大井町
    アトレ川崎
    アトレ四ツ谷
    アトレ吉祥寺
    アトレ上野
    アトレ浦和
    アトレ松戸
    アトレ秋葉原
    アトレ亀戸
    アトレ新浦安
    アトレ大船
    アトレヴィ アトレヴィ大塚
    アトレヴィ巣鴨
    アトレヴィ田端
    アトレヴィ五反田
    アトレヴィ信濃町
    アトレヴィ東中野
    アトレヴィ三鷹
    ボックスヒル ボックスヒル取手
    グランデュオ グランデュオ蒲田
    グランデュオ立川
    テルミナ 錦糸町テルミナ
    シャポー シャポー小岩
    シャポー市川
    シャポー本八幡
    シャポー船橋
    ラスカ ラスカ茅ケ崎
    ラスカ平塚
    ラスカ小田原
    ラスカ熱海
    ペリエ千葉
    ペリエ西千葉
    ペリエ稲毛
    ペリエ津田沼
    ペリエ検見川浜
    ペリエ稲毛海岸
    ペリエ海浜幕張
    モントレ― 高崎モントレ―
    MIDORI MIDORI長野
    MIDORI松本
    シャル シャル鶴見
    パセオ 宇都宮パセオ
    VAL VAL古河
    エクセル エクセル水戸
    nonowa nonowa東小金井
    エスパル エスパル仙台
    エスパル福島
    エスパル郡山
    エスパル山形
    フェザン フェザン盛岡
    東京駅 北町ダイニング
    黒塀横丁
    キッチンストリート
    グランアージュ
    グランルーフ
    グランルーフロント
    リビット 仙台駅エキナカ
    牛たん通り
    ずんだ小径
    すし通り
    JRを使っていれば聞いたことのある名前も多く、ザクザクポイントが貯まりそうですね!

    入手方法

    JREポイントカードは、JR東日本のショッピング施設などのインフォメーションで「JREポイントカードをつくりたい」旨を伝えれば、簡単にもらうことができます。
    また、JREポイントを貯めることができるお店でももらうことができます。
    つまり、無印良品やユニクロなどのお店でももらえるので、「JREポイントカードはお持ちですか?」と聞かれたときに「いえ、持ってないのでつくりたい」旨を伝えればOKですね。

    作成時にかかるもの

    入会金や発行費、年会費などは一切かかりません。
    作成時には氏名や住所などの個人情報の登録がその場で必要になるので、その点がやや面倒と言えそうです。
    また、JREポイントカードは、入会の時に入力した情報が正式に登録されるまで3週間ほどかかるので、JREポイントウェブ(ネット上で管理できるサイト)に登録する場合には時間がかかることをあらかじめおさえておきましょう。
    これは、店頭での情報とウェブ上に登録する人が同一かどうかを確認するために3週間ほど時間がかかるということです。
    スポンサーリンク

    Suica利用で貯める

    Suica利用で貯まるときくと、Suicaでの支払い全てにポイントが貯まると思ってしまいがちですが、そうではありません。
    suicaマーク ポイント
    上記のマークのお店で登録したSuicaで買い物をすると、ポイントが貯まります。
    お店によって100円で1ポイントのところもあれば、200円で1ポイントのところもあります。
    ちなみに、ポイントが貯まるタイミングは登録されたSuicaで買い物をした日の翌日になります。
    まずは、Suicaポイントクラブへの登録をすることが先決で、会員登録が完了すればポイントを貯めることができるようになります。
    登録は非常に簡単で、次の手順で登録を進めるだけです。
    1. 会員規約を確認して同意
    2. Suica購入時に登録した氏名や生年月日、SuicaID番号を認証
    3. ユーザIDやパスワード、基本情報を入力して仮登録
    4. 会員登録後の利用登録メールに記載されたURLへ
    5. 利用登録情報の確認
    ポイントが貯まるのは、次のようなSuicaポイントクラブ加盟店での利用に対して、100円または200円(税込)ごとに1ポイント貯まります。
    エキナカ 街ナカ
    NewDays Ario
    KIOSK イトーヨーカドー
    acure、ecute 紀伊国屋書店(関東・東北・新潟エリアの一部店舗)
    コナカ(関東・東北エリアの一部店舗)
    edy’s Brand 洋服の青山(関東・山梨エリアの店舗)
    tekute Wii
    GranAge ホテルニューグランド
    黒塀横丁 JR東日本ホテルズ
    Kitchen Street ANA
    北町ダイニング times(関東・東北エリアの一部駐車場)
    GRANSTA ヤマト運輸(関東甲信越・東北エリアの店舗)
    GRANROOF スリーエフ
    ポイント加盟店舗数は4万店を超え、今やコンビニや大手スーパー、自動販売機など広がりをみせています。
    ポイント還元は、100円につき1ポイント(1%還元)と200円につき1ポイント(0.5%還元)の2種類があり、店舗により異なります。
    そして、Suicaポイントは次のように色々なキャンペーンを行っているので、ポイントがザクザク貯まります。
    • 毎週水曜「AZ熊谷全館」でポイント10倍
    • 毎週木曜「イーサイト籠原」でポイント10倍
    • 毎週金曜日「NEWDAYS」でポイント5倍
    • ポイント10倍キャンペーン(期間や店舗限定キャンペーンを随時開催)
    スポンサーリンク

    JRホテルメンバーズポイントを交換して貯める

    JRホテルメンバーズポイントは、次のような対象ホテルを利用することで貯まるポイントのことです。

    地域 ホテル
    JR東日本 東京ステーションホテル
    ホテルメトロポリタン系列
    ホテルフォルクローロ系列
    ホテルニューグランド
    JR東日本ホテルメッツ共通
    ホテルメトロポリタン エドモント
    ホテルファミリーオ系列
    ホテルドリームゲート舞浜
    JR東海 名古屋マリオットアソシアホテル
    ホテルアソシア系列
    名古屋JRゲートタワーホテル
    JR西日本 ホテルグランヴィア系列
    奈良ホテル
    ホテルヴィスキオ系列
    JR九州 THE BLOSSOM
    JR九州ステーションホテル系列
    JR九州ホテルズ系列
    別府温泉-竹と椿のお宿-花べっぷ
    対象ホテルは北海道と四国などを除いて広くカバーされています。
    また、ホテルのサービス内容によって貯まるポイントは異なり、宿泊は5ポイント、レストランの利用で10ポイントのようになります。
    例えば東京ステーションホテルの場合を例に挙げてみると、
    • 宿泊(10%割引) 5ポイント
    • レストラン「ブランルージュ」 10ポイント
    • ラウンジ「ロビーラウンジ」 10ポイント
    • バー&カフェ「カメリア」 10ポイント
    • バー「オーク」 10ポイント
    • ゲストラウンジ「アトリウム」 10ポイント
    • ルームサービス 10ポイント

    ポイントの貯め方

    ポイントの貯め方ですが、例えば対象ホテルに宿泊する場合はチェックイン時に会員証を提示して、次の流れでポイントを貯めることになります。

    1. 公式予約サイトもしくは電話、来館で宿泊予約
    2. チェックイン時に会員証を提示
    3. チェックアウト
    4. JRホテルメンバーズポイントを付与

    対象ホテルのレストランなどでポイントを貯める場合は、対象ホテルのレストランを確認後、来店時に会員証を提示します。

    食事を楽しんだ後、清算時にJRホテルメンバーズポイントを付与という流れになります。

    会員証の提示がないとポイントがもらえない場合がある点と、インターネットを含む代理店からの予約についてはポイント付与対象外になることがある点に注意しましょう。

    ポイントの計算方法

    ポイントの計算方法ですが、宿泊の場合は100円で5ポイント、レストランの飲食料金の場合は100円につき3~10ポイント付与になります。

    例えば、宿泊利用料金(税別、サービス料込)で9,143円だとしましょう。

    この場合、宿泊なので100円につき5ポイント、小数点以下は対象外になるので91×5=455ポイント貯まることになります。

    ビューカードを利用して貯める

    ビューカードは、スイカ機能がついたクレジットカードのことです。

    ビューカード

    出典 JR東日本

    国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
    ポイント還元率 通常の買い物や公共料金の場合は0.5%、JR東日本での定期券購入やSuicaオートチャージ、切符購入は1.5%
    ポイント JREポイント
    年会費 本人会員、家族会員ともに477円(税別)
    審査基準 日本国内に住んでいて電話連絡がとれる高校生を除く18歳以上(未成年の場合は親権者の同意が必要)
    発行期間 最短1週間

    通常の買い物や公共料金の場合は0.5%の還元率ですが、SuicaとPASUMOエリアの自動改札を通る際に、残高が足りない場合はオートチャージを利用することができます。

    オートチャージは、その名の通り自動的にチャージをしてくれる機能のことで、その場合はなんと通常の3倍の1.5%のポイントが貯まることになります。

    また、定期券の購入でも3倍ポイントが貯まるので、電車をよく使う人は持っていてとてもお得なカードということができます。

    そして、このビューカードで電車意外に携帯電話や水道代、ガス代、クレジット払いの買い物などを統一して支払いに充てることで、その分ポイントが合算で貯まります。

    例えば、

    • 定期代(ポイント3倍)が年間20万円
    • 切符・新幹線・JR東日本国内ツアー代(ポイント3倍)が年間50,000円
    • Suicaチャージ(ポイント3倍)が月3,000円
    • インターネット代が月5,000円
    • 水道・ガス・電気代が月10,000円
    • その他・クレジット払いの買い物が月50,000円
    • クレジット払いの買い物のうちJRE加盟店での買い物が30,000円

    だとして、さらにウェブ明細ポイントサービスを利用すると毎月50ポイント貯まるので、年間で合計14,000ポイント貯まることになります。

    JREポイントを貯める方法をご紹介してきましたが、よく電車を利用して旅行もJR系列を利用するのであればいっそのこと生活費をまとめてビューカードにしていくと、効率よくJREポイントが貯まることが分かります。

    今回の記事を参考にして、ザクザクJREポイントを貯めてみてくださいね!

    スポンサードリンク