• Tカードプラス(SMBCモビットnext)のメリットは?
  • 総合的に見て作る必要性について

この記事をご覧になっているということは、上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

まずサクッと簡単に説明すると…

Tプラスカードプラス(SMBCモビットnext)のメリット
SMBCモビットカードではなくクレカだと言えば家族バレしにくい、Tポイント関連のサービスが手厚い、カードローン機能がついていてスマホでも入出金可能など

総合的に見て作る必要性は?
家族バレしたくない人や予備のクレカを持っておきたい人には必要性はある

2018年4月から始まったTカードプラス(SMBCモビットnext)は、ローンカードとクレジットカードとTカードが一体になったカードのことです。

一見すると普通のクレジットカードのように見えるため、家族に内緒でカードローンを利用したい人にとっては特にオススメなカードです。

今回は、他のクレジットカードとは一味違ったTカードプラス(SMBCモビットnext)についてご紹介していきましょう。

これらの詳しい説明が必要な場合には、以下の記事を御覧ください。

※ちょっと長いので目次を見て必要な所だけ見るのが良いかなと思います。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のメリットとデメリット

  • SMBCモビットカードではなくクレジットカードだといえば、家族バレしにくくなる
  • Tポイント提携先でポイントがザクザク貯まる
  • カードローン機能がついていて、スマートフォンだけでも入出金可能
  • 万が一のときのサポートが手厚い

家族バレしにくい

SMBCモビットnextは、後程ご紹介しますがSMBCモビットのカードローン審査に通った後に希望者のみクレジットカードの審査に進むことが出来ます。

どちらかというと、SMBCモビット会員に向けたオプションサービスと考えるとよく、SMBCモビットnextはSMBCモビットのローンを前提とした特殊なクレジットカードということです。

ということは、家族に秘密でカードローン審査をしていて、もしそれが見つかったとしても、見た目としては普通のクレジットカードにしか見えないので家族にバレにくいのです。

SMBCモビットnext クレジットカード

出典 SMBC三井住友カード

確かに、見た目は普通のクレジットカードなので、家族バレは防げそうですね!

Tポイント提携先でポイントがザクザク貯まる

全国にあるTポイント提携先やインターネットの提携先で、利用金額に応じて貯めて使うことが出来ます。

ポイントの貯め方として代表的なのは、次の3つです。

  1. Tカードプラス(SMBCモビットnext)のクレジット利用(利用金額の合計200円につきTポイント1ポイント)
  2. 提携先で買い物の際にカードを提示
  3. Tモールを経由して買い物、ネットでの買い物など

提携先は、次のように有名企業ばかりなので利用することも多いでしょうし、ポイントも貯まりやすいですね。

TSUTAYA提携先には、次のように有名店がズラリと並んでおり、普段何気なく使っていてどんどんポイントがたまっていくことが分かります。

ジャンル 店舗(一部)
映像・音楽・書籍 蔦屋書店
WonderGoo
新星堂
GYAO!ストア
Honya Club With
マイナビBOOKS
毎日新聞
エンターテインメントサービス Ameba
Yahoo!占い
ホテル・旅行関連 東急ホテルズ
Tトラベル
ギフトランド
アーク・スリー・インターナショナル
カメラ・写真・素材 カメラのキタムラ
スタジオマリオ
スポーツ アルペン
ゴルフ5
スポーツデポ
アシックス
オニツカタイガー
福岡ソフトバンクホークス
コンビニ ファミリーマート
スーパー マルエツ
富士シティオ
ヤオマサ
ドラッグストア ウェルシア
ハックドラッグ
ふく薬品
ホームセンター ジョイフルホンダ
メイクマン
家電 エディオン
日立チェーンストール
ネットショッピング シャディギフトモール
GREEN DOG
ネットオフ
飲食関連 ガスト
バーミヤン
夢庵
グラッチェガーデンズ
藍屋
ジョナサン
ドトールコーヒーショプ
吉野家
牛角
ロッテリア
北海道
情熱ホルモン
ステーキのどん
食べログ

この他にも、ハワイやタイ、インドネシア(バリ島)、シンガポール、中国などの海外にもTポイントが貯まるお店が広がっています。

 

Tポイントはお店にもよりますが、100~200円につきTポイント1ポイント(0.5~1%)をゲットすることができます。

さらに、クレジットカード決済で0.5%ゲットできるので、合わせて還元率が1~1.5%になるわけです。

貯まったTポイントは、1円から使うことができるので嬉しいですよね。

Tモールとは、ポイントがどんどん貯まるお得なショッピングモールのことです。

次のようにヤフーショッピングやZOZOTOWN、LOHACO、ビックカメラ、Zoff、じゃらんなど様々な有名ショップをTモール経由で利用するだけでポイントが貯まるようなシステムになっています。

ショップ名 ポイント付与率
ヤフーショッピング 1ポイント
じゃらん
ZOZOTOWN
LOHACO 2ポイント
ビックカメラ
ニッセン 3ポイント
JTB国内旅行
Zoff 5ポイント

カードローン機能がついていて、スマホだけでも入出金可能

どちらかというと、カードローン機能があってクレジットカード機能がついているといってよいでしょう。

SMBCモビットのカードローンについての情報は、次の通りです。

実質年率 3~18%
利用限度額 1~800万円
主な提携ATM 三井住友銀行
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
プロミス
ファミリーマート
ローソン
ミニストップ 他
申込資格 年齢満20~69歳の安定した定期収入のある人
申込に必要な書類 運転免許証や健康保険証など
担保や保証人 不要
入会金・年会費 無料
振込指定方法など パソコンやスマホ、ケータイ、電話から最短3分で可能で、近くの銀行やコンビニATMなどから利用が可能

このように、従来のモビットカード同様に全国の提携ATMや振込キャッシングが利用できて、それにクレジットカード機能がついたというイメージですね。

万が一のときのサポートが手厚い

Tカードプラス(SMBCモビットnext)には、このカードで購入した商品の破損や盗難による損害を購入日および購入日翌日から90日間、最高100万円まで補償してくれます。

また、国内外で紛失や盗難連絡を24時間年中無休で受けており、不正利用の可能性のある事態を事前に発見できる体制をつくっています。

不正利用が蔓延する中、この体制は安心ですよね。

デメリット

  • ワンランク上のカードがないため、上を目指す方には不向き
  • クレジットカード単体のポイント機能が少ない

ワンランク上のカードがないため、上を目指す方には不向き

Tカードプラスは、他の一般的なカードと違ってプラチナカードやブラックカードがありません。

一般的なカードでは、1ランク上を目指して延滞や滞納などをせずにコツコツ実績を積み重ねていってゲットする楽しみがありますよね。

例えば、有名なブラックカードの一つであるアメックスセンチュリオンカードは、パーソナルコンシェルジュがついたり航空券の優待料金を利用できたりして、ステータスを感じることができます。

そういった特典はこのTカードプラス(SMBCモビットnext)にはないので、ステータスとして持ちたい人には不向きのカードと言えるでしょう。

イメージとしては、TSUTAYA会員カードにクレジットカード機能がついたバージョンだと思ってもらえばいいですね。

クレジットカード単体のポイント機能が少ない

メリットで挙げたように、これはTSUTAYA関連のサービスを利用するのであればメリットは多いものの、還元率やショッピング枠など(後程ご紹介する基本情報参照)は際立ったものはありません。

そのため、TSUTAYAを利用しない人にとってはそこまでメリットは少ないことがデメリットと言えそうです。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査について

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は、SMBCモビットの会員に限られ、SMBCモビットのオプションとしてこのクレジットカード機能がつけられるということです。

つまり、モビットの借入機能の審査を通過した後にクレジット決済機能の審査をするため、2回審査があるわけですね。

2度審査があるからといってそこまで難しいわけではありませんが、SMBCモビットの審査のみ通過して、クレジットカード決済機能の審査に落ちる場合もあるということです。

基本的な内容も含めて、Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査については次のことを意識しておきましょう。

  • 申込資格
  • 収入状況
  • 信用情報
  • 借入状況
  • 在籍確認
  • その他(勤続年数や住所、居住年数など)

申込資格について

申込資格は、満20歳以上69歳以下の安定した定期収入(アルバイトや派遣社員、パート、自営業も可)があり、モビットカード会員の方となっています。

「定期収入」は本人の収入のことで、生活保護や年金、失業保険などの国や自治体からの給付は収入として認められない点に注意が必要です。

モビットカード会員について、SMBCモビットの「モビットカード会員規約」には次のような記載があります。

第1条(会員)
会員とは、モビットカード会員規約(以下「本規約」といいます。)を極度借入基本契約の契約条項として適用されることを承認のうえ、株式会社SMBCモビット(以下「当社」といいます。)に入会を申込み、当社が申込を承諾した方(以下「お客様」といいます。)をいいます。

モビットカード会員の申込には、次の方法で申し込むことができます。

  • インターネット(パソコンやスマートフォン、ケータイ)
  • ローン申込機
  • 三井住友銀行内ローン契約機
  • 電話
  • 郵送

※ウェブ申し込みやスマホでの取引などについては、メリットで詳しく説明しています。

申込時に必要な書類には次のようなものがあります。

本人確認書類 運転免許証
運転免許証がなければ、有効期限内もしくは現在有効な健康保険証かパスポートの写し
収入証明書類 源泉徴収票の写し
税額通知書の写し
所得証明書の写し
確定申告書の写し
給与明細書の写し

本人確認書類(運転免許証、運転免許証がなければ有効期限内もしくは現在有効な健康保険証かパスポートの写し)と収入証明書類が必要にあんります。

これらで、資格がなければ申し込むことができません。

収入状況

SMBCモビットのページには、次のように「アルバイトや派遣社員、パート、自営業の方でも利用可能」と明記しています。

SMBCモビット 収入条件

出典 SMBCモビット

職種にもよりますが、アルバイトやパート、契約社員で月に30~40万円以上稼ぐことは稀であるため、そこまで多くの収入は求められないと推測できます。

しかし、正社員と比べると収入面や安定性に欠ける意味ではやや不利だと言わざるを得ません。

審査側にたって考えてみると、いつやめてもおかしくなくボーナスがあったとしても少ない給料の方と、正社員で勤務時間や勤務日数もそれなりにある方だと、後者の方がしっかり返済してくれそうな印象は持ちますよね。

そのため、収入が少ない人は金融機関側から「この人は収入が少ないが、お金を貸しても大丈夫だろう」と思ってもらえるように信用度を上げることです。

自分自身の信用度が上がれば、相手も信用してお金を貸してくれるわけです。

金融機関側は、申込者が信用できる人かどうかを判断するために信用情報機関に問い合わせて情報を取り寄せています。

それが、次の信用情報です。

信用情報

信用情報とは、申込者が返済能力があるだけの信用を持っているかの情報で、それは信用情報機関に記録されています。

信用情報機関には、日本国内に「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」「JICC(株式会社日本信用情報機構)」「JBA(全国銀行個人信用情報センター)」の3つがあります。

取引の公正の確保、消費者の損害防止を目的とした割賦販売法や貸金業の登録をしている貸金業者でなければ貸付をすることができない貸金業法に基づく指定信用情報機関なのが、CICです。

これは国から指定を受けているため、クレジットカードの申し込みや発行がされると第一にCICに登録されることになります。

個人情報の中身については、月1回以上のペースで情報更新を義務づけられているので、会社はまずここで最新情報を確認することができるわけです。

JICCは主に消費者金融系、JBAはローン系(マイカーローンや住宅ローンなど)の借入を行うと必ず登録され、これらはCRIN(Credit Information Network)というネットワークで金融事故情報を共有しあっています。

CRIN 信用情報

出典 CIC

クレジットカード

申込者の借り逃げ防止と貸し出す会社の債務焦げ付き防止を目的として共有しています。

借り入れ状況や3社も4社も借り入れていたり、勤続年数は1~2年目など辞める可能性が多いにある場合などは審査が通りにくい、在籍確認もあることがあるように、他のクレジットカードの審査とそこまで特徴の差はありません。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)基本情報

項目 内容
申込資格 満20歳~69歳までの定期収入のある人
年会費 永年無料
ショッピング補償 年間100万円までの買い物安心保険

国内外でのリボ払いや分割払い3回以上の利用のみ

利用可能枠 総利用枠10~80万円
ショッピング枠10~80万円
リボ払いや分割払い利用枠0~80万円
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
支払い日 15日締め10日払い
国際ブランド Mastercard
ポイント クレジット利用200円につきTポイント1ポイント付与、Tポイント提携先の店頭でカード提示でポイント付与
その他 SMBCモビットカード付帯(利用条件などは通常のSMBCモビットと同じ)
担保や保証人不要
ネット上で振替講座登録をすれば原則書類は不要

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の変わっている点は、SMBCモビットのカードローンの審査の後に希望者だけにクレジットカード審査があるという点です。

要は、SMBCモビットnextは「SMBCモビットカードとクレジットカードとTカードを一体化できる」ことが最大の長所であり、予備のクレジットカードを持っておきたい人やカードローンを使うのに家族バレしたくない人には必要性の高いカードですね!

スポンサードリンク