審査が甘い?法人クレジットカード

法人クレジットカードは個人向けのクレジットカードに比べると審査が甘いという声もたまに聞きますが、決してそのようなことはなく、起業するからといって何の対策もしないで申し込んでも審査落ちする可能性が高いと言えます。

また、会社設立直後では一般的には審査落ちしやすいとされていますが、きちんと対策を立て、審査の甘い法人クレジットカードに申し込むことで、会社設立直後でも法人クレジットカードを作ることは可能です。

そこで今回は起業し会社設立直後でも法人クレジットカードを作るために抑えておきたいポイントと審査が甘いクレジットカード会社をご紹介していきます。

審査を通しやすくするために抑えておきたい6つのポイント

クレジットカード

法人クレジットカードの審査というと、3年以上の黒字経営が基本などと言われていますが、申し込みをする代表者の信用情報に傷が付いていなければ、設立直後の会社でも審査を通すことは可能です。
また少しでも審査を通しやすくするポイントとして、固定電話の設置自社ホームページの用意などのほか、申込書はしっかりと丁寧に記入することも大切になります。また審査の甘いクレジットカード会社を選ぶことも重要です。

まずは法人クレジットカードの審査を少しでも通しやすくするために、抑えておきたいポイントをご紹介します。

審査を通しやすくするためのポイント6つ

  • 一定期間の黒字経営
  • 代表者の個人信用情報
  • 固定電話の設置
  • 自社のWebサイトがある
  • 申込書はしっかりと記入する
  • 審査の甘いクレジットカード会社を選ぶ

なお、法人クレジッカードに関しての詳しい審査基準などはこちらの記事でもご紹介しています。

それでは審査を通しやすくするポイントを1つずつ確認していきます。

一定期間の黒字経営

法人クレジットカードの審査基準についてよく言われるのが「会社の設立から、3年以上の黒字経営が基本」などですが、実際のところは設立から1年未満でも審査を通った例は普通にあります

これは厳密な基準ではなく、おおよその目安として考えておくと良いでしょう。

クレカ顔

このあとご説明する申し込みをする代表者個人の信用情報に問題が無ければ、設立年数が浅くても法人クレジットカードの審査を通る可能性は充分にあります。

代表者の個人信用情報

仮に「会社設立後から3年以上の黒字経営」をしていたとしても、法人クレジットカードを申し込む代表者個人が過去にクレジットカードやローンで延滞・滞納をしていたとしたら、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

法人クレジットカードの審査では、申込者の個人信用情報(*1)も審査の対象となるので、過去に異動情報(事故情報)が登録されている場合は審査に不利になります。

クレカ顔

また、異動情報は完済日から5年以内は消えることはありません。

なのでもし過去に延滞や滞納をしてしまったことがある場合は、注意が必要です。

*1・・・個人信用情報とは、信用情報機関と呼ばれるCICやJICCが管理しているクレジットや各種ローンなどの申し込みや契約に関数る情報です。

固定電話の設置

申し込みの際に連絡先の代表番号が固定電話と携帯電話では前者のほうが審査に有利に働きます。

地味なのですが、JCBなどは審査の際に重視しているようで、実際に1度目の審査では代表番号を携帯電話の番号で審査に申し込んだとろこ落ちてしまい、2度目には代表番号を携帯電話から固定電話に変更し、他の内容は全く同じで審査に出したら通ったという話もあります。

自社のWebサイト(ホームページ)がある

こちらは個人事業主の方に特に有効なのですが、自社のWebサイト(ホームページ)を用意し、最低限下記のコンテンツを用意しておくと審査に有利に働きます。

  • 会社概要(資本金や売上)
  • 業務の実績
  • 取引先
  • お問い合わせフォーム

これは会社勤めなら勤め先の規模などである程度の収入が分かりますし、一定の収入があることが分かりますが、個人事業主や新しい会社ではそのあたりが不透明なため、きちんとした仕事の実績や取引先をアピールすることで、信用度を上げる事ができます。

クレカ顔

上記以外にもコンテンツが豊富な方が当然に好ましいでしょう。

申込書はしっかりと記入する

意外と多いのがクレジットカードの申込書の記入漏れや書き間違いによる審査落ちです。

審査に必要な情報が抜けていたり、記入してあっても審査する人が読めないことには審査のしようがありません。

申し込みの際には2度、3度と記入漏れや書き間違い、読みづらい箇所などないかをしっかりと確認しましょう。

審査の甘いクレジットカード会社を選ぶ

会社設立から日が浅いと、法人クレジットカードの審査でマイナスの影響があるのは事実です。

ですが比較的、審査が甘いクレジットカード会社やカードがあるというのも事実としてあります。

クレカ顔

基本的には三井住友や三菱東京UFJ、みずほなど銀行系の審査は厳しい傾向にあると言われています。

法人クレジットカードの審査を通過するには、いきなりステータス性の高いクレジッカードは狙わずに、審査の甘いカード会社やカードを選ぶのも大切なポイントです。

比較的審査の甘いとされる法人クレジットカード5選

それでは最後に、比較的審査に通りやすいとされている法人クレジットカードを5つご紹介したいと思います。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • オリコカード EX Gold for Biz S/M
  • 楽天ビジネスカード
  • JCB法人カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
年会費 26,000円(+税) アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
特徴 国際ブランドの1つであるアメックスのビジネスカード。

作りやす法人クレジッカードの話題では必ず挙げられる1枚。

それもそのはずで、高級ブランドとして有名ですが、外資系らしく若い会社を応援するというのが営業方針のようで、会社設立期間は重視していません

基本的に利用限度額に一律の制限は設定していませんが、最初は限度額の目安額を低めに設定をして、信用があがることで徐々に限度額の目安を増やしていくスタイル。

しかしアメックスには事前承認というシステムがあり、高額利用の予定がある場合は事前に承認手続きをすることで、限度額の目安を超えた利用が可能となります。

インターネットでの不正利用や急なキャンセルで発生したキャンセル費用などをカバーする各種プロテクションや、国内外の出張や旅行時に付帯する各種保険など特典も豊富です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 20,000円(+税) セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
特徴 流通系大手のクレディセゾンが発行する年会費20,000円で持てるプラチナカード。

年間の利用額が200万円以上で年会費が半額の10,000円になります

海外利用はポイント2倍や2,000円の利用ごとにJAL22.5マイル貯まる、プライオリティパスが無料で利用できるなど他にも豊富な特典が利用可能。

ビジネスでは欠かせない備品を優待価格で購入できたり、顧問弁護士や会計関連のソフトウェアなども優待価格で利用可能。

銀行系クレジッカードに比べて審査も甘く、審査も最短3営業日で結果がでるので急いでる場合は有り難いでしょう。

また、支払いの引き落とし口座は個人口座でも法人口座でも指定可能となっています。

オリコカード EX Gold for Biz S/M

オリコカード EX Gold for Biz S/M
年会費 2,000円(+税) オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズ
特徴 信販系大手のオリエントコーポレーション(オリコ)が法人・個人事業主向けに発行する法人クレジットカードがオリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズです。

年会費初年度無料、2年目以降は2,000円と格安でランニングコストが抜群に良い1枚。

個人事業主も対象になっているので、会社設立直後でも比較的審査に通りやすく人気です

iDとQUICPayの電子マネー対応なので、コンビニなどでの小額なものでもスピーディに決済が可能なのも嬉しいポイント。

また福利厚生を低コストで利用できるサービス「ライフサポート倶楽部」や個人事業主向けにはキャッシング機能も提供しています。

またVisaやMasterCardが提供するビジネス優待特典が付帯しているので、国内はもちろん、海外でも様々な特典を受けることが出来ます。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード
年会費 2,000円(+税) 楽天ビジネスカード
特徴 楽天カードが発行するビジネスカードで、楽天プレミアムカードを所持していれば、年会費2,000円(+税)で追加発行ができます。

楽天ビジネスカード利用でも楽天スーパーポイントが貯まる(100円で1ポイント)から、よく楽天を利用する人にはメリットがあるでしょう。

楽天ビジネスカードに付帯する楽天ETCカードは1枚目は無料で2枚目以降は年会費540円で複数所持が可能。

また誕生日月にはポイントが3倍やプライオリティパスが無料で利用できるなどの特典があります。

ただ、楽天プレミアムカードに入会することが前提なので、そちらの年会費と合わせると合計12,000円(+税)が必要になるのがネック。

JCB法人カード

JCB法人カード
年会費 1.250円(+税) JCB法人カード
特徴 国際ブランドの1つであるJCBが発行する経営者・個人事業主向けの法人クレジッカードです。

年会費1,250円と今回ご紹介した法人クレジットカードの中では最もランニングコストが安いカード。

複数枚の発行が可能なETC専用カードは円会費無料で取得できます。

国内出張で役立つ様々なチケットレスサービスやオフィス用品を特別価格で購入できるなどビジネスサポートも充実しています。

JCB法人カードも比較的新しい会社や個人事業主でも取得しやすいカードです。

JCBは申し込みの際の代表番号に固定電話を記入しているかを重視しているので、必ず固定電話の番号を記入するようにしましょう。

まとめ

今回は会社設立直後でも作ることが可能な、比較的審査の甘い法人クレジッカードをご紹介してきました。

最初にお伝えした、少しでも審査に通りやすくするための6つのポイントをもう一度まとめます。

審査を通しやすくするためのポイント6つ

  • 一定期間の黒字経営
  • 代表者の個人信用情報
  • 固定電話の設置
  • 自社のWebサイトがある
  • 申込書はしっかりと記入する
  • 審査の甘いクレジットカード会社を選ぶ

一定期間の黒字経営は、実績があるに越したことはないですが、あまり重視しないクレジッカード会社もあるので、そこまで気にすることはないでしょう。

それよりも重要なのは、申込者である代表者が過去にクレジットやローンで支払いを滞納や延滞をしていないかです。

異動情報(事故情報)は完済日から5年以内に消えることはありませんし、審査を通すのもかなり難しくなります。

また意外と重要なのが、固定電話の設置や自社のWebサイト(ホームページ)を用意することです。

そしてこれも意外に多いのが、申込書の記入漏れや書き間違いなどで審査落ちするパターンです。

申込書に記入後は、しっかりと確認してから申請しましょう。これはインターネットで申し込む際も同様です。

そして何より大切なのが、審査の甘いクレジットカード会社やカードを選ぶことです。

いきなりステータス性の高いカードに申し込んでも、よっぽど属性が良くなければ審査落ちする可能性が高いですし、中には年齢制限や性別が指定されているカードもあります。

今回ご紹介した法人クレジッカードはどれも審査が甘いとされていますので、是非ご参考にして頂ければと思います。